ノンバンクとは? 消費者金融の歴史、社会問題など

お金を借りる際、銀行で借りようかそれともノンバンクで借りようか、悩んだ経験はありませんか。銀行とノンバンク、同じようなものだと思っている方も多いようですが、実は大きな違いがあるのです。

  • 銀行とノンバンクの違い
  • 預貯金業務を行なっているか

銀行とノンバンクの最大の違い、それはまず預貯金業務を行なっているかどうかです。銀行や信用金庫では、総合預金の口座や定期預金の口座など、口座 を開設してもらって預貯金を集め、預貯金を原資として各種資産運用を行うことによって利益を出しています。為替を取り扱っているのも銀行の大きな特徴です が、住宅ローンや教育ローン、企業向けの融資など貸し出し業務も行なっています。

一方でノンバンクでは、預貯金業務や為替業務は一切行なっておりませんので、顧客が口座を開設したりお金を預けたりといったことはできません。もっぱら貸出業務のみを行っており、その利息や各種手数料を主な収入源としております。

制度と法律の違い

また、銀行は免許制であるのに対して、ノンバンクは登録制であるのも大きく異なります。さらに、適用される法律も異なり、銀行は銀行法が適用されるのに対して、ノンバンクは貸金業法などが適用されます。
総量規制の対象か

そして、総量規制の対象か否かも大きく異なる点です。総量規制とは、年収の3分の1以上のお金を借りられない制度ですが、ノンバンクが総量規制の対象である一方で、銀行は総量規制の対象とはなっておりません。では、ノンバンクにはどのような種類があるのでしょうか。

まず、商工ローンなどの事業者金融です。消費者金融が一般の個人を対象にするのに対して、事業者金融は個人商店や中小企業の経営者など、法人を対象にした短期かつ比較的高金利の貸付を行います。連帯保証人が必要ですが、無担保なのが大きなメリットです。

信販会社も、ノンバンクの中では大きな勢力ですね。オリコやジャックスなどがその代表ですが、自動車ローンや教育ローン、エステのローンなど、我々 の日常に関係の深い事業で貸付業務を行っています。事業者と信販会社が提携をしており、自動車ローンの中には自動車メーカーの関連会社で信販会社があると ころもあります。

あまりなじみがないかもしれませんが、リース会社も忘れてはいけません。リース会社が企業の代わりに購入した機械や設備などを、企業が賃貸する代わ りにリース会社にリース料を支払う業務をいいます。所有権こそリース会社にありますが、購入するよりも初期投資が少なく、自己所有とほぼ同じ条件で使用す ることができるため、設備投資の手段として普及しています。三井住友ファイナンス&リースや三菱UFJリースなどが、その代表例です。

クレジットカード会社

クレジットカード会社も、ノンバンクの一種です。クレジットカード会社は、ショッピングでは加盟店から、リボ払いなどでは加盟店と利用者の双方から手数料や利息を徴収しています。キャッシング枠のあるクレジットカードでは、利用者から利息を徴収しています。

オリコやジャックスなどの信販会社や、消費者金融のアコムなど、他のノンバンクがクレジットカード事業に乗り出しているケースもあり、その他にも銀行や流通業界などもクレジットカード会社を立ち上げています。

最近ではあまり聞かなくなりましたが、個人向け住宅ローンを専門に扱う住宅金融専門会社も、ノンバンクです。「住専」と略されることも多く8社ありましたが、いわゆる「住専問題」が明るみに出てからは、そのうちの7社が経営破綻をしました。

ベンチャーキャピタル

広義に解釈すれば、ベンチャーキャピタルもノンバンクかもしれません。ベンチャーキャピタルとは投資会社で、潜在能力の高い株式を上場していないベ ンチャー企業に対して投資を行い、企業価値を向上させることで資金の回収を図る会社です。投資の方法は株式の購入による投資が主流で、原資は金融機関や機 関投資家から運用を委託された資金です。

そして、ノンバンクと聞いて絶対に忘れてはならないのが、アコムやプロミス、アイフルやモビットなどの消費者金融でしょう。消費者金融では預貯金業務を行っておりませんし、もっぱら利息と手数料の収入を収入源としています。

消費者金融の歴史

消費者金融の歴史は意外と古く、日本で最初の消費者金融は1929年とされています。しかし、消費者金融が本格的な普及を見せ始めたのは、第二次世 界大戦後の1960年代です。終戦直後は財源を復興事業に回さざるを得ませんでしたが、復興も一段落すると中小金融機関が個人への融資を開始、それに危機 感を覚えた都市銀行も消費者金融事業へと乗り出しました。

現在のような消費者金融が登場したのは、1970年代になってからで、サラリーマンへの小口融資が盛んに行われ、「サラ金」が花盛りとなっていきま した。しかし、1980年代から1990年代にかけて、サラリーマン以外の利用も多くなってきたことから、呼称がサラ金から消費者金融へと変わっていきま した。

消費者金融の社会問題

しかし、呼称がサラ金から消費者金融になった理由は、利用層の変化だけが理由ではありません。サラ金に悪いイメージがついてしまったため、それを払拭したい思いがあったのです。
強引な取り立て

1970年代後半から1980年代初頭にかけて、サラ金が社会問題となりました。このころの社会問題の内容は、主に強引に貸付を行っては強引に取立 てをして、それを苦にして消費者が自殺するといったようなドラスティックな問題でした。呼称がサラ金から消費者金融に変わった後も、問題はなくなりません でした。

景観問題

上記の問題も完全になくなったわけではありませんし、この時期にはさらに違った問題が発生してきました。まずは都市景観の問題です。1990年代の 後半から、主に地方都市を中心に駅前の一等地に消費者金融が出店するケースが増えてきました。消費者金融は目立とうと、巨大な看板を設置して夜間も看板を ライトアップしました。これによって、都市の景観が破壊されるという批判もあります。

過払い金

また、最近注目を集めているのが「過払い金」です。これは、主に年20~29.2%の金利で貸し付けを行っていた消費者金融の問題で、この数字は利 息制限法違反なものの出資法違反でないことから、刑事罰が科されない金利で、いわゆる「グレーゾーン金利」と呼ばれてきました。現在では、出資法の上限金 利が引き下げられたためグレーゾーン金利は消滅しましたが、グレーゾーン金利によって生じた利息である過払い金を返還する請求が、現在盛んに行なわれてい ます。

そんな消費者金融の中でも、ひときわ存在感を放っているのがアコムです。アコムは1978年に設立された消費者金融で、現在は三菱UFJフィナンシャルグループに属しています。

アコムが行なっている事業

消費者金融事業以外にも、信販事業や意外なところではクレジットカード事業も行なっています。ちなみに、現在日本でクレジットカードの発行業務を行っている消費者金融は、アコムのみです。また、銀行のカードローンの保証会社となるなど、信用保証事業にも積極的です。

(詳細はこちらのサイト:アコムの平日15時以降と土日の融資と審査

自動契約機を最初に始めたのはアコム

今では多くの大手消費者金融で見られるようになった自動契約機ですが、元祖は1993年に設置されたアコムの「むじんくん」でした。むじんくんは、 中にカード発行や契約変更を行える端末、そして併設されているATMから構成されています。人件費や賃料を削減できることから、むじんくんの設置は加速 し、契約の様子を人に見られないことから利用者も増えました。

佐賀県の平均給与はどうなのか

佐賀県には、平均給料に関する特徴があります。この地域の場合は、全国の中では平均給料がかなり低めです。転職や新卒での求職活動を行うとなると、地域などは大きなポイントになるでしょう。佐賀県の場合は、平均給与は比較的低めな地域に該当している訳です。

と言うのも、全国のランキングに関するデータがあります。都道府県別の平均給与のデータを見ると、佐賀エリアの場合は全国でもかなり低い方に該当し ているのは事実です。生涯収入も、かなり低めな地域の1つに該当します。その代わり佐賀エリアは、時給の高さには特色があります。佐賀県の場合は、平均時 給は1,430円台になるからです。全国の他のエリアと比べても、時給はかなり高めなのが特徴的ですね。月収で見ると給与は低めになっている半面、時給が かなり高めになっている点に特長がある訳です。

ですのでパートタイマーなどで働きたいと考えている方々などは、敢えて佐賀エリアに着目している事も珍しくありません。

 

ロケットなどの宇宙事業に注目が集まった理由

一昔前には、ロケットなどの宇宙事業が非常に盛んでした。多くの開発費なども発生したのです。宇宙事業の目的の1つは、利益です。というのも人々が使うことができる資源には、限界があります。地球には多くの資源は眠っているのですが、それも無限ではありません。どこかのタイミングにて、その資源が枯渇する可能性は大いにあり得ます。

また利益には、資源の埋蔵量が関わってきます。資源が限界を迎えてしまえば、産業によって得られる利益も限定されてしまうでしょう。このため一部の方々は、宇宙事業に着目をした訳です。確かに地球に眠っている資源には限界がありますが、宇宙となるとまた話は異なってきます。

例えば他の惑星に着目してみるのも一法です。他の星にはまだまだ資源が眠っている可能性があるので、多少の開発費をかけても、十分に元が取れるとの 考えも見られます。実際に他の星では資源も見つかっているので、まだまだ利益が発生する可能性がある訳です。ですので一時期は宇宙事業が、かなり脚光を浴 びていました。

 

職場の雰囲気が悪い時は転職を考えましょう

最近は各企業とも効率を重視する傾向があるので職場の雰囲気が悪くなっている傾向があります。そのため上司もかなりイライラしている事が多くなって しまいパワハラに発展してしまいます。それでパワハラを受けてしまう社員は悩みになってしまって精神的に追い込まれていきます。精神的にも不安定になって しまってついにうつ病にかかってしまって退職してしまいます。

このような負の連鎖が今の日本経済の現状です。家族や生活のためにこのような状況になっても仕事を辞める事が出来ない人もたくさんいます。しかし自 分に健康というものも大切にしなければいけません。我慢してストレスを溜め過ぎてしまうと成人病に発展してしまうケースもあります。そのようにならないた めに別の方法を考えてみるのもひとつの手です。

多くの企業は退職すると失業保険をもらう事が出来ます。失業保険をもらっている間に他の企業に面接を受けて転職するという手もあります。家族や生活は確かに大事ですが、自分の体調も考えるようにしましょう。

カードの営業政策いろいろ

img_interview1

年会費無料の老舗カード

年会費無料のクレジットカードが増加しています。ずっと年会費を徴収し続けていた老舗の信販会社もそのようなクレジットカードを発行し始めました。クレジットカードの年会費は、決済手数料としては中途半端な金額です。無料にした方がすっきりしそうなものですが「老舗」が方向転換をするのは難しいものです。

もともと信販会社は、クレジットカード事業の収益を加盟店側から得ることを原則としています。もちろん信販会社は貸金業や割賦販売事業もしており、その「利息」相当額は利用者から徴収しています。しかし、1回払いであれば利用者の負担額がゼロであることからわかるように、利用者はクレジットカード手数料を支払う必要がないのです。

老舗の信販会社も年会費無料に参入するのは、信販会社間の競合が激しくなってきた証拠です。カード利用者である一般消費者にとっては大変ありがたい話ですが、世の中甘い話ばかりではありません。

青田買いで若者を自陣営へ

クレジットカード会社は加盟店への宣伝のため、新規会員獲得に熱心です。会員数が増加することで加盟店に対しメリットを強調できるのです。しかし、最近若い人が少なくなっており、新規加入者が少なくなっています。

そんな中、老舗信販会社では通常年会費を徴収するクレジットカードに対して、若い人向けの年会費無料カードを発行しています。こうして若い人にクレジットカードの便利さをわかってもらおうとしています。

しかし、このクレジットカードは注意が必要です。初回のカード更新までに退会すると手数料が2千円必要になります。更新は5年間ですが、そのあとは自動的に一般カードに入会することになります。この年会費は1,250円なので、加入したら5年後には年会費が必要なカードが待っているというわけです。

若い人が少なくなったとはいえ、このような青田買いまがいのクレジットカードが出たということは、少子高齢化が進む実態を如実に表しています。

リボ払い専用カードだから無料

年齢制限がない年会費無料カードもあります。たいていの信販会社が提供しているリボ払い専用カードです。リボ払いになるように仕組まれているため、年会費が無料でもリボ払いの手数料が期待できます。年利16%程度の手数料は信販会社の収益の柱のひとつです。

リボ払い専用カードは、ポイント付与率も高いことで知られています。このリボ払い専用カードはお得そうで実はお得ではないという、ちょっとした罠が仕掛けられているのです。

しかし、リボ払い専用カードは、使い方ひとつで一括払いカードにすることも可能です。毎月の支払額を最大限に設定し、そり金額以内の利用に留めるのです。こうすることでリボ払いにはなりません。しかし、このような使い方だけをしていると、翌年には年会費が発生するクレジットカードもありますから要注意です。

年会費無料には理由がある

年会費が無料のクレジットカードには、このように何らかの理由があります。しかし、信販会社によっては余計なサービスを省いて年会費を無料にしていることがあります。クレジットカードに付随している旅行保険などは、現実に使い物にならないことが多く、海外旅行などでは別に保険に加入していることも少なくありません。

このような「無駄」を省いたゴールドカードは、年会費が一般カード並みになっていることもあります。もともと年会費が低い一般カードであれば年会費無料化をできないことはありません。この手の年会費無料のカードはポイント還元率が高いことも多いです。しかし、ポイントの付き方に一癖あり、多額の利用がないと還元率が低くなったり、有効期限が短かったりして「無駄遣い」を誘うようになっているのです。

年会費無料のカードには、このように何か理由があります。その理由が自分の利用目的と合致していれば「お勧めカード」になりますし、合致していなければ、ただの「罠」になってしまいます。

通販を餌にするあのカード

大手通販業者は大抵ハウスカードを持っています。通販業者によっては自社で銀行も持っていますから、グループ内の信販会社でクレジットカードを発行しています。改めて言うまでありませんが年会費は無料です。

このようなクレジットカードは、通販利用の広告宣伝ツールです。もともとの価格設定を若干高めにして「ポイント還元」で釣るのです。ポイント還元率がカード利用により倍々ゲームのように膨れ上がる比較表をも見せられれば、その通販業者を利用する人はみんな入会するでしょう。

審査も「大甘」だと言われています。貸倒が発生しても「広告宣伝費」の一環だと割り切れば審査が甘くてもいいわけです。それで会員が増加して、通販利用者が増加すれば通販に出店する店舗も増加します。信販会社が加盟店を増やす努力をしているのと同じことです。

通販系クレジットカードは広告宣伝のネタ

通販系クレジットカードは、一般的にハウスカードと呼ばれています。もちろん国際ブランドのビザ・マスター・JCBを付けているため通販内だけではなく、街の商店でも海外旅行先でも利用できます。

このハウスカードには通販業者のマークがついています。街で使うだけで広告宣伝になるという仕掛けです。通販業者の多くがこのようなクレジットカードを発行することで、顧客の囲い込みもできますから、一石二鳥です。

また、このようなハウスカードで決済してもらうことで会員の嗜好が手に取るようにわかる利点もあります。「適切」な広告宣伝を送ることで、無駄な広告ではなくターゲットとを絞った「ど真ん中」の広告がズドーンと届くわけです。人によっては気味が悪いと漏らすほど精度が高い広告が届く一つの理由です。

ポイントアップで買い物ジャンキー

とはいえ、カード会員のすべてが買い物好きではありません。いくつもの通販業者を掛け持ちしていることもあります。そのような会員は通販業者の派手なキャンペーンに乗ることはありません。

しかし、通販業者を一つに限定してポイントを採りつくそうと考えている人はポイントアップなどのキャンペーンには必ず乗ります。当然通販サイトでのランクが上がるので、キャンペーンの回数も多いし「お得意様キャンペーン」もあります。

ミイラ取りがミイラになるという諺がありますが、キャンペーンを追い求めるばかりに買い物ジャンキーになる人が案外多いです。実はこれこそ通販業者の目的なのです。他店舗に浮気することなく忠誠を誓い買い物を続けるありがたい顧客が増えるのです。

しかし、ジャンキー化された会員はそのまま支払不能に陥る可能性が高いです。「ホドホド」のジャンキー具合がいいのですが、人間の欲望を簡単に抑え込むことなどできません。暴走する買い物欲を止めることができるのは任意整理などの債務整理によるブラックリストだけなのです。

苦労するのは加盟店

しかし、このような通販業者のキャンペーン乱発の陰で泣くのは通販モールへの出店者です。キャンペーン参加時には「赤字覚悟」の大セールを半ば強制されます。「インストラクター」でもある通販業者の指導員は、顧客に「インパクト」を与えるため思い切った決断が必要だというアドバイスのもとに、売れ行き商品の目玉商品化を勧めます。

いったん下げた価格を簡単に上げることはできませんし、同業他社も同調して値下げに動けば市場自体が崩壊しかねません。しかし、通販モール全体の繁栄が至上命題である担当者はそのようなことを考えている余裕などありません。

結局苦労するのは通販モールへ出店している加盟店だけということになります。通販サイトへの出店業者の中には、寂れた商店街の店主もいます。このような店主は通販サイトの掟などわかりません。言われたとおりに安値販売の旗手となってしまうのです。その結果経営がさらに悪化し、どうしようもないまま廃業を強いられることもあるのです。

このような通販業者はクレジットカード決済をモール側で一括処理しています。「カード情報が流出しない」ためだそうです。しかし、モールの出店手数料などをしっかりと控除して代金を引き渡すのですから、確実に収益を挙げることができるのはモール側だということになります。

クレジットカードで会員を買い物ジャンキーにして、加盟店をモール繁栄の犠牲とし、更にクレジットカード代金の決済代金を自社売上代金の回収手段としていると言ったら言い過ぎでしょうか。

流通系カードも餌で釣る

通販モールで繰り広げられていることは、ショッピングセンターを企画する流通系企業でも同じです。いくら旦那の収入で支払うことができるとはいえ、無職無収入の専業主婦にクレジットカードを発行しているのです。

流通系カードもショッピングセンターのハウスカードになるわけですが、審査は大甘です。別に貸倒になっても広告宣伝だと考えているのも同じです。ハウスカードはそのようなものなのです。

この手のショッピングセンターは、年会費無料のクレジットカードを乱発しています。この手のクレジットカードは発行枚数が増加するため、決済業者であるビザ・マスター・JCBで取り合いになります。大抵は3社が相互乗り入れをすることになりますが、決済業者ごとのキャンペーンはすさまじいものがあります。

たまに静かな時はキャンペーンの休止時期ですが、キャンペーンがなければお客も来ないので閑散となるのです。結果として、値引きなどのキャンペーン時期にお客が集中し、売上は伸びても利益が出ない悪循環に陥ります。

ショッピングセンターは勧誘でいっぱい

ショッピングセンターに行くと、どこかでハウスカードの勧誘をしています。ショッピングセンター自体がキャンペーンをしている場合もありますし、決済業者が自社ブランドカードだけを宣伝していることもあります。

いずれにしても、入会するとその場で割引券などのサービスを受けることができます。ショッピングセンター内にクレジットカード発行ができるカードセンターを設置していることもありますから、スピード発行を望むのであれば、ショッピングセンターのハウスカードはお勧めです。

クレジットカード発行枚数増加が至上命題である信販会社にとっては、来客数の多いショッピングセンターは宝の山です。一気に発行枚数を増加させるチャンスなのです。カード会社が血眼で勧誘をしている理由です。

クレジットカードの加入者数
http://www.stat.go.jp/library/faq/faq13/faq13b04.htm

信じられないほどの審査の甘さ

ショッピングセンター発行のハウスカードも審査は大甘です。当然のことですが、下手に審査で落としてしまったら二度と店舗に来てもらえなくなるでしょう。ブラックリストに載るようなケースでなければ審査は通ると思って間違いないでしょう。

ショッピングセンターはともかく、スーパーのハウスカードは更に審査が甘いと言われています。会員となる来店者の多くは家庭の主婦です。昼間にスーパーに買い物に来る主婦は間違いなく専業主婦ですが、かまわず勧誘しています。

旦那名義でクレジットカードを作らせるならともかく、専業主婦名義でもクレジットカードを発行するのです。一体何を審査しているのだろうかと不思議に思いたくなりますが、利用額がスーパーの買い物程度に限定されているので「危険性」は少ないと思っているのかもしれません。しかし、国際ブランドのカードなので、通販サイトでもどこでも使えるクレジットカードなのです

カード利用で囲い込み

このようにハウスカードを乱発する目的は顧客の囲い込みです。スーパーも競争が激しく、地元の老舗スーパーが大手チェーン店と真正面で勝負するのです。ハウスカードを作らせることで自店舗への誘導を図ることは、スーパー経営陣の至上命題です。

スーパーの場合、毎月一定の日に全商品5%引きの日を設定しています。この日のスーパーは大混雑ですが、5%引いてくれる条件はハウスカードによる決済なのです。ハウスカードを見せれば現金支払でも引いてくれるケースもありますが、ハウスカードの会員に対する「感謝デー」なのです。

多店舗展開をしている大手スーパーは、資本力があるためハウスカード発行も余裕があります。発行時のキャンペーンも広告宣伝予算があるためやりやすいです。それに対し、地元の老舗スーパーは資本力に劣るため大手スーパーに負けてしまうことが多いです。

ハウスカードによる顧客の囲い込みはいいのですが、こうして日本中が全国統一規格の大手スーパーだらけになります。こんな無味乾燥な世界にした責任の一環がハウスカードなのです。